つぶやいたり、気になる商品を紹介したり・・・
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月19日 (月) | Edit |
この前、NHKスペシャルでやってたサーチュイン遺伝子ってのが少し気になったので、『サーチュイン遺伝子とは』でウィキで調べてみたけど、無かったよ・・。^^;


でも「レスベラトロール」の中には書いてあった。


【サーチュイン遺伝子との関係】

サーチュインは、抗老化遺伝子とも呼ばれており、通常、飢餓やカロリー制限によって活性化する。近年、レスベラトロールがサーチュイン遺伝子(SIRT1遺伝子)を活性化することもわかっている[12]。サーチュイン自体は、ヒストン脱アセチル化酵素であり、サーチュインが活性化するとヒストンが脱アセチル化されてヒストンのアルカリ性を占めす豊富なアミノ基と核酸の名が示すように酸性の性質を有するDNAとの親和力が高まり、ヒストンとDNAが強く結び付いて、遺伝子の発現が抑制される。言い換えれば、DNAが休眠状態に入ることである。これと反対に、ヒストンがアセチル化されるとヒストンとDNAの親和力が低くなり、通常の遺伝子発現が活発化される[20][21]。飢餓のような過酷な環境下ではDNAの活動が抑制され、DNAの安定化へと変化する。これが結果的にDNAの損傷防止につながり、このDNAの損傷防止は直接的に長寿につながる。詳細はDNA修復#カロリー制限とDNA修復の増加を参照のこと。

Wikipediaより引用




レスベラトロールって、最近、よく耳にするよね。

レスベラトロールのサプリメントの購入はこちらから

ハイブリッドレスベラT



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。